バイオマス発電

総所有コストを最小限に抑える、柔軟性と拡張性に優れたソリューション

プラント全体のプロセス制御プラットフォームにより、プラントの運用、設計、エンジニアリングを簡略化できます。このプラットフォームにはエネルギー収率を最適化する最先端技術が採用されています。

信頼性が高く効率的でセキュアな運用

柔軟性に優れた制御ソリューションにより、少量の供給原料で発電量を増大

バイオマス発電の成功の鍵は、供給原料のスムーズな転換を可能にする柔軟性の高いオートメーションシステムにあります。当社は、お客様が既設のインフラ基盤を改良する際や新しい施設を建設する際に、技術上、工学上、設計上の課題に順次対応していけるようサポートします。当社では制御と情報の統合型ソリューションを幅広く提供しています。これらのソリューションは、徹底的なテストと現場での実績により業界の要件を満たすことが証明されています。

  • 燃料構内の資産を効率的に維持
  • ボイラー制御を最適化
  • 必要に応じて適切な情報に迅速にアクセス
  • 1つの制御プラットフォームを効率的に使用してプラントのバランスをとる
  • インフラ基盤をセキュアに管理
  • 重大事態の発生時にサポートに迅速にアクセス

プラント全体の制御ソリューション

柔軟性と信頼性をもたらす統合型ソリューション

バイオマス発電には、いくつかの課題が存在します。工学上、設計上、技術上のサポートが不足していることから、現行の事業を拡張したり新しい施設を建設することは困難です。

当社は、新しい施設の建設や既存施設のアップグレードの際にお客様が直面する課題に対処するお手伝いをいたします。当社では、業界の要件を満たす、実証済みの制御と情報の統合型ソリューションを幅広く取り揃えています。

未来的なエネルギー自給型ビル

画期的なバイオリアクタで制御と建築の技術を統合

2013年、ドイツのハンブルクの国際建築展(IBA)で、バイオリアクタ・ファサードを擁した世界初のビルが発表されました。このプロジェクトでは、微細藻類の培養技術を最新の建築技術と連携させることが大きな課題となりました。当社は、制御要素を提供し、異種の技術を単一のシステムに統合することで、年間を通じた自動運用を可能にしました。

バイオマスプラントが大学の目標達成に貢献

バイオマスの採用により温室効果ガスを削減

統合プラットフォームと、複数コントローラの単一プログラミング環境が実現できれば、現場のオペレータは管理する必要のあるスペアパーツを減らすことが可能です。プラットフォームの運用を厳格に制御することで、システムは要求された精度でバイオマスを処理できます。この制御により、この大学では排出量削減目標の達成に成功しました。

OPTIONAL: ADD LOCAL CONTENT HERE Detail Page industries/power_generation/segments_pow/ja/JP_det_biomass row-5

詳しくは、当社にご相談ください。

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。