製薬業界向けのビル管理システム

バイオ医薬品業界向けの環境モニタとHVAC妥当性確認

製品の製造環境は直接その品質に影響します。重要な環境条件を監視し制御することは、品質を確保し規制遵守を徹底するうえで有効です。当社が提供する検証済みのビル管理システムは、プロセス制御と環境管理を統合、医薬品の生産性向上と品質改善をサポートします。

品質改善。コスト削減。検証作業の簡易化。

全社レベルで統合ソリューションを導入し、製品品質の一貫性を達成

重要なプロセスの制御にさまざまなシステムを使用することは、大幅なコスト上昇や規制・品質関連の問題増加につながります。こうした医薬品生産の課題に対応すべく、プロセスオートメーションと環境モニタ、ビル管理の統合をご提案します。1つの統合プラットフォームを使用するこのソリューション。すぐにその利点を実感いただけるはずです。

ビル・オートメーション・システム向けの当社ソリューションは、PlantPax®プロセス・オートメーション・システムとIntegrated Architecture® (統合アーキテクチャ)システムを基盤に構築されます。拡張可能で可用性の高い統合ソリューションがあれば、異種混合プラットフォームの妥当性確認の必要性がなくなります。データ構造の統合、検証や文書化作業の低減、市場投入までの時間短縮を目指すなら、設計およびテスト済みのHVAC制御モジュールとライブラリ、テンプレートをご検討ください。

運用や計装から設計、検証、立上げ後のサポートまで、完全なターンキーソリューションをご用意しています。これまで次のようなことに活用されてきました。

  • 製品のばらつきの削減
  • 共通する保守戦略およびスペア在庫の削減
  • エネルギーコストの削減

お客様の声

1つの共通するプロセスを使用し、オートメーション・システム・プラットフォームを構築することには、実装およびライフサイクルコスト上の多大なメリットがあることがわかりました。

大手製薬会社

オートメーションによる運用効率の向上

生産とビル管理の統合による品質向上

バイオ医薬品メーカにとって、生産やダウンタイムの課題は規制関連の問題につながる恐れがあり、その影響を何としても回避する必要があります。統合型制御ソリューションを導入して業務の最適化を図られたお客様の事例をご紹介します。このソリューションのおかげで、リアルタイムでデータにアクセスできるようになり、結果として、全社的な報告が可能となり意思決定力も向上したそうです。また、消エネにも成功されています。

導入事例をさらに表示する


OPTIONAL: ADD LOCAL CONTENT HERE Detail Page industries/life_sciences/challenges_ls/ja/JP_det_qualified-building-automation-systems row-4

詳しくは、当社にご相談ください。

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。