システム・コントロール・フェア2017 /
計測展2017 TOKYO

出展のご報告

ロックウェル・オートメーション ジャパンは、『オートメーションと計測の先端技術総合展~IoTで未来を拓くものづくり新時代』をテーマとする、「システム・コントロール・フェア2017 / 計測展2017 TOKYO」に出展いたしました。「システム・コントロール・フェア2017」と「計測展2017 TOKYO」は、前回2015年の同一会場・同時開催から更に進化し、合同開催としてより一体化して、開催されました。皆様のご来場をスタッフ一同、心より感謝いたします。

詳細は下記ウェブサイトにてご覧いただけます。
システム・コントロール・フェア2017 / 計測展2017 TOKYO 公式ウェブサイト

地域別のイベント

日程

2017-11-29 – 12-01

住所

東京ビッグサイト, 東京都, 日本

イベント情報

主催: 一般社団法人 日本電機工業会(JEMA)
         一般社団法人 日本電気制御機器工業会(NECA)
         一般社団法人 日本電気計測器工業会(JEMIMA)

会期: 2017年11月29日(水)~12月1日(金) 3日間

開催時間: 10時~17時

会場: 東京ビッグサイト西1・3・4ホール、アトリウム

弊社ブース: ブース番号:1-24

弊社主要出展物:
コネクテッドエンタープライズ、モノのインターネット(IoT)、プログラマブルコントローラ、プロセスソリューション、モーションコントローラ、ドライブ、セーフティ製品、電気部品

弊社展示内容について:
ロックウェル・オートメーションは、110年以上の歴史をもつ年商約66億米ドルの制御機器メーカで、世界80カ国以上の営業拠点でお客様をサポートしています。取扱い製品は、IEC、CCC、CE、UL、CSA、C-Tick、KCなどの国際規格に対応しています。

ブースでは、IoTを実現する『コネクテッドエンタープライズ』ソリューションや、ディスクリート、プロセス、モーション、ドライブ、安全制御を、共通のコントローラ、プログラミングソフトウェア、ネットワークで可能にする『統合アーキテクチャ』ソリューションをご紹介いたします。また、機械装置制御に最適なモーション機能付きプログラマブルコントローラ、次世代DCS、SIL3安全計装システム、サーボ、モータ、インバータ、高圧ドライブ、セーフティ機器、各種産業用コンポーネントを展示いたします。

ロックウェル・オートメーションのIoTに関する取り組みは、最近始めたのでありません。10年以上も前から、標準のインターネットプロトコルを採用することを決定して、製品のネットワーク対応を専用ネットワークからオープンな標準ネットワークに移行し、コネクテッドエンタープライズ関連製品を進化させ続けています。