安全システム開発ツール

安全システムの開発を合理化し、時間を短縮すると同時にコンプライアンスも強化

安全ライフサイクルの方法を採用することで、安全システムの開発時間を大幅に短縮してコンプライアンスを強化することが可能です。このアプローチは、安全規格および当社開発ツールに説明されています。

安全システムの投資利益率(ROI)を把握し、安全ライフサイクルを通じて進行状況を記録・管理して、安全システムと具体的な安全機能を開発できます。これらのツールを使用することで、システムが確実に規格に準拠し、優れた生産性を実現できるようになります。

Safety Automation Builder

無料ソフトウェアを使用して安全システム開発を合理化

Safety Automation Builder®は、機械安全の設計と検証を簡易化し、時間とコストを節約するのに役立つ無料のソフトウェアツールです。当社のリスク・アセスメント・ソフトウェアとの統合により、機能安全ライフサイクルを一貫した、信頼性の高い、文書化された形で管理できます。

SISTEMAツールは、機械制御システムの安全性に関連する部品の安全遂行レベルの算出を自動化します。

設計済み安全機能

安全機能性能:セットアップ、構成、および配線

機械の安全機能には、入力装置や論理装置、出力装置など、複数の要素が必要です。これらが組み合わさり、ISO 13849-1が定める安全遂行レベルに基づいて算出された保護レベルが提供されます。

ユーザのニーズから誕生したこれらの安全機能は、リスクを最小限に抑えつつ開発に要する期間を短縮します。安全機能文書には、以下のような情報が含まれています。

  • セットアップおよび配線
  • 部品表
  • 配線図
  • 構成
  • 検証および妥当性確認プラン
  • 安全遂行レベルの計算

パレタイザにおける機械安全

機械の安全性を高めるためのアプリケーションガイド

パレタイザおよびデパレタイザの使用には危険が伴うこともあります。当社では評価プロセスや機器の選定、システム構成および検証方法など、パレタイザおよびデパレタイザ機械の安全対策に役立つガイドを作成しています。

お使いの機械それぞれに綿密な計画を立て、その計画に沿って進めることは是非とも必要な取り組みです。計画の策定から安全面の懸念事項に対処する方法まで、すべて当社のコンサルタントにお任せください。

安全ソリューションの投資収益率を把握するためのツール

安全に対する投資の財務利益について理解

安全プロジェクトの投資利益率(ROI)には、直接的および間接的な怪我によるコストの低減、技術使用に基づく生産性向上、その他安全アプリケーションに固有の事項が含まれます。

 

OPTIONAL: ADD LOCAL CONTENT HERE Detail Page capabilities/safety/ja/JP_det_safety-dev-tools row-5

詳しくは、当社にご相談ください。

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。