安全成熟度

安全および生産性を高め、コンプライアンスを強化

クラス最高の製造メーカは、一連の共通するベストプラクティスを実践することで、平均的な企業と比べて5~7%のOEE向上や2~4%の予想外のダウンタイムの短縮を達成し、作業員の負傷を半分以下に抑えています。これらの実践は文化(行動)、コンプライアンス(手順)、資本(技術)の3つの中核的要素に分類されます。機械を製造する場合でも使用する場合でも、安全成熟度は生産性と安全性の向上を意味しています。

エンドユーザおよび機械メーカの安全成熟度

安全と生産性を向上

文化とコンプライアンス、資本を網羅する総合的な安全対策に取り組む企業では、生産性が向上し、効率化が推進され、従業員の士気が高まり、ブランドの評判も維持されます。機械メーカの場合、この3つの要素を重視することで、世界各地の規格に準拠し安全性と生産性に優れた価値の高い機械を設計でき、多国籍企業であるお客様への取引で優位に立つことができます。

安全成熟度プログラムを導入

安全成熟度を測定し計画する方法を理解

安全成熟度プログラムを導入する場合の最初のステップは、自社の安全成熟度を測定して強みと弱みを理解し、それを基にロードマップを作成することです。

当社では、安全成熟度を向上させるための5ステッププログラムを開発(リンク先の文書に説明)。このプログラムは、環境・労働安全衛生部門とエンジニアリング部門が協力して評価および導入を行なうことで最大の効果が期待できます。

より優れた機械の製造

機械メーカとしての価値の向上

お客様の機械設計にクラス最高の安全性を適用し、エンドユーザが生産性を大幅に向上させ、最新の安全規格に準拠できるようにします。この結果、競合他社との差別化が図られ、価値の高い機械のコストを正当化することができます。

IIoTで安全遂行を向上

作業員の行動、機械のコンプライアンス、動向について洞察を取得

産業用モノのインターネット(IIoT)の力を最大限活用します。安全データと運用データから洞察を得ることで、安全に関連するコンプライアンスとパフォーマンスを大幅に高めることができます。

コネクテッドエンタープライズを導入することで、安全分野の専門家は作業員の行動や機械のコンプライアンス、安全停止の原因、安全に関する異常や傾向に関する洞察をリアルタイムで取得し、活用することができます。

OPTIONAL: ADD LOCAL CONTENT HERE Detail Page capabilities/safety/ja/JP_det_safety-maturity row-6

詳しくは、当社にご相談ください。

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。