設計済みネットワークソリューション

コネクテッドエンタープライズ向けの安全かつ堅牢で将来を見据えたネットワークを構築

サーバ設置面積の縮小や、アプリケーション寿命の延長、システム可用性と復旧力の向上は仮想化を採用する製造企業が増えている理由の一部です。しかし、仮想化されたインフラ基盤をゼロから1つずつ設計して構築することは複雑な作業を伴い、多大な時間と費用を要します。

産業用データセンタ

スケーラブルな仮想化への移行

産業用データセンタ(IDC)によって、仮想環境への移行が大幅に簡単になります。IDCは、拡張性の高いインフラ基盤で、必要に応じて容易にスケールアップおよびスケールアウトが可能です。また、大規模な環境を迅速に配備するために、すべてのハードウェアおよびソフトウェア、設置サービスも合わせて提供します。

リモート・サポート・サービスが含まれているため、インフラ基盤を効率的に稼働し続けるために必要な技術サポートもご利用いただけます。Rockwell Automationマネージド・サービスによりIDCの機能はさらに強化され、堅牢性と信頼性の向上を実現するために資産をリモートで監視および管理することが可能です。

VersaVirtualアプライアンス

サポートサービスにより管理された環境での仮想化およびその方法をお考えですか?VersaVirtual™アプライアンスは、ダウンタイムを削減することができるほか、設定や保守に特別なITスキルやOTスキルを必要としません。このハイパーコンバージド(コンピューティング、ネットワーク、ストレージ機能)アプライアンスはすぐに使用できるだけでなく、管理環境下におけるエントリ・レベルの仮想化を実現します。完全に設定済のラックマウントのアプライアンスから、最大15のソフトウェアアプリケーションを実行します。VersaVirtualアプライアンスには、リモート監視と管理を含む管理サービスが付属しています。

どこから手を付ければよいのかお悩みですか。産業用オートメーションとITの専門家で構成された当社のネットワーク・サービス・チームが、設計からネットワーク管理まで幅広いコンサルティングサービスでサポートいたします。

サービスとしてのインフラストラクチャ(IaaS)

ネットワークインフラ基盤を簡便かつ迅速に配備

安全かつ堅牢なネットワークインフラ基盤を設計、配備、保守するのは複雑な作業で、時間やコストを要します。サービスとしてのインフラストラクチャ(IaaS)を採用すれば、当社の設計済みネットワークソリューションがオンサイト構成や年休無休の24時間体制のリモートモニタとともに1件の契約にまとめられ、適切に設計された産業用インフラ基盤を容易に配備できます。その結果、発注業務や立上げ作業が簡略化され、ネットワークの信頼性が高まり、予算面の負担が軽減されます。

IaaSは、Converged Plantwide Ethernet (CPwE)リファレンスアーキテクチャと連携します。シスコ社との提携のもと共同開発されたIaaSには、Rockwell Automationの戦略的提携パートナであるMicrosoft社やパンドウィット社のクラス最高の技術も搭載されています。IaaSを配備すれば、ネットワークインフラ基盤のセキュリティや性能を最適化できます。

OPTIONAL: ADD LOCAL CONTENT HERE Detail Page capabilities/networks/ja/JP_det_products-net row-5

詳しくは、当社にご相談ください。

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。