産業用ネットワーク

セキュアで信頼性が高く堅牢な産業用ネットワークを配備

プラントが情報主導型に移行するためには、1つの産業用ネットワークアーキテクチャで構成される強力な基盤が必要です。これがなければ、データを必要な場所に必要なときに状況に適した形で届けることができません。ネットワークインフラ基盤の構築に標準イーサネットとIPを使用すれば、グローバルなデータフローが実現します。

産業用通信プロトコル

標準イーサネットとIPで、将来にも対応可能な産業用ネットワークを構築

EtherNet/IP™はオープンな産業用イーサネットネットワークで、ディスクリート、安全、モーション、プロセス、ドライブ制御に対応できます。EtherNet/IPにより、機械とシステムと企業間でセキュアなリアルタイムの情報通信が可能になり、情報技術(IT)と運用技術(OT)の専門家が事業目標を簡単に達成できるようになります。

当社は、CIP(産業用共通プロトコル)の規格を定義し、その配備のためのツールを開発する組織であるODVAのメンバーです。CIPとは、産業用ネットワーク、EtherNet/IP、ControlNet™、DeviceNet™に共通するアプリケーション層プロトコルのことで、安全、時間同期、モーションコントロール、情報といった機能を実現する産業用ネットワークの構築に用いられます。このプロトコルによってCIP Safety™、CIP Sync™、CIP Motion™、CIP Energy™、CIP Security™の各サービスが提供されます。

産業用ネットワークのトレーニング

ITとOTに関するトレーニング製品を提供

ITとOTがどう連動しているかをしっかり理解した人材が求められている昨今。

当社はシスコ社と協力して、IT部門とOT部門向けのトレーニングおよび認定製品ラインを開発しました。これらはネットワークアーキテクチャの統合に必要なスキルを習得するためのもので、このスキルを通じて効率化を図り、投資利益率を向上させることができます。

  • Managing Industrial Networks with Cisco Networking Technologies (IMINS)およびCisco Industrial Networking Specialist認定試験
  • Managing Industrial Networks for Manufacturing with Cisco Technologies (IMINS2)およびCisco Certified Network Associate Industrial認定試験

      IMINSとIMINS2のトレーニングおよび認定プログラム

      シスコ社とパンドウィット社とロックウェル・オートメーションが共同開発したIndustrial IP Advantageは、産業用ネットワークの設計に関するバーチャルeラーニングコースです。3社がそれぞれの知識とベストプラクティス、アプリケーションの専門知識を結集して生み出したトレーニングコースで、IPベースの総合的なネットワークアーキテクチャの構築法がわかります。

      Industrial IP Advantageトレーニングプログラム

      パートナとの提携

      プラントネットワークと企業ネットワークの統合

      ネットワークインフラ基盤を設計し展開するにあたっては、ITとOTがどう連動しているかを把握することが非常に重要です。当社は、両者を統合させてきた実績とシステムをシームレスに稼動させるための知識を備えた業界のリーダと提携しています。

      In シスコ社との提携

      • 企業ネットワークインフラ基盤に産業用ネットワークを接続
      • 信頼性の高いセキュアで安全なインフラ基盤を開発
      • テストおよび検証済みのリファレンスアーキテクチャ、産業用ネットワーク製品、ネットワーク設計トレーニングを開発

      In パンドウィット社との提携

      • 構成済みの物理ネットワークインフラ基盤ソリューション(産業用データセンターやゾーンエンクロージャなど)を提供
      • 産業用ネットワークを企業ネットワークインフラ基盤に接続
      • ネットワーク設計トレーニングを開発
      OPTIONAL: ADD LOCAL CONTENT HERECapabilities Landingcapabilities/JP_cap_networksrow-5

      詳しくは、当社にご相談ください。

      ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。