旧式機器のサポートおよびライフサイクル延長

現代化を行なう際のサポート

旧式オートメーションの現代化により、陳腐化リスクは回避され、コネクテッドエンタープライズの進展は加速します。現代化を実現する過程において、サポートは不可欠。当社のサービスは、Installed Base Evaluation™(設置ベース評価)の実施により、製品ライフサイクルステージごとのMRO関連の在庫や陳腐化リスクを明確に把握することから始まります。

ライフサイクル延長および移行サービス

移行計画でオートメーションの陳腐化リスクを特定および削減

設備投資や規制の要件を満たしながら現代化の計画を進めるのは、容易なことではありません。生産終了が近づくにつれ、部品やリソースの入手はより困難となります。当社が提供するオンラインツールや製品通知、製品ライフサイクルをコーディングするInstalled Base Evaluation™(設置ベース評価)などのフルサービス評価を含むリソースをご利用いただくと、企業全体にわたる潜在的なリスクを簡単に特定可能。この分析を基に、保管庫や移行計画の改善に向けた推奨事項や機会を提供します。

当社製品は、次の4つのライフサイクルステージのいずれかに分類されます。

  • アクティブ:最新のRockwell Automation製品を含む
  • アクティブマチュア:全面的にサポートされているが、これよりも新しい製品または製品ファミリーが存在する
  • 生産終了:生産終了日が発表されており、移行プロジェクトと最終購入を積極的に進める必要がある
  • 廃番:製品が新たに製造されることはないが、修理と交換サービスは利用可能な場合がある

ライフサイクル延長契約

旧式または廃番製品の運用に伴うリスクを最小化

今すぐ移行を開始できず、旧式オートメーションをまだ利用しなくてはならない方にお奨めなのが、Rockwell Automationのライフサイクル延長契約です。この契約をご利用いただくと、ダウンタイムの拡大によるリスクや財務面での潜在的影響を回避できるほか、旧式機器のサポートに必要な重要なサービスも提供されます。これらのサービスには、以下が含まれます。

  • 修理サービスの保証
  • 旧式リモートのサポート
  • 旧式スペアパーツ
  • 最終購入オプション
  • ライフサイクルエンジニアの派遣
  • その他さまざまな重要サポートオプション

旧式機器のサポート

旧式機器のサポートに安心を提供

現代化計画を策定する中で考慮しなくてはならないのが旧式機器の存在です。現代化のロードマップがあれば、陳腐化リスクを一度に排除できるか、それとも長期的にリスクを軽減していく必要があるかをスムーズに特定できます。時間をかけた「段階的移行」アプローチを採用される場合は、移行を進めながら旧式のオートメーションのサポートにも対応します。旧式機器のサポートには、お客様のニーズと現代化の計画に合わせたスペアパーツ管理、予約修理オプション、予防保全が含まれます。

OPTIONAL: ADD LOCAL CONTENT HERE Detail Page capabilities/maintenance_support/modernization_migration/ja/JP_det_legacy-support row-4

詳しくは、当社にご相談ください。

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。