コネクテッドエンタープライズのリソース

デジタルトランスフォーメーションの出発点

コネクテッドエンタープライズのメリットを詳しくご紹介するリソースです。

フィルタ&絞り込み

プレミア統合によるシステムの簡略化

「Automation Today」のこのセクションでは、今回取り上げる主なテーマとトピックの概要を説明します。

ニュース&イベント

「Automation Today」のこのセクションでは、アジア太平洋地域におけるロックウェル・オートメーションの最新のニュースおよびイベントについて説明します。

プレミア統合の体験

シンプルで全体的な統合により、機械メーカは開発の時間とコストを削減しながら、高レベルの複雑さと接続性を統合できるようになります。

カーギル社によるサステナブルなプロセス最適化の実現

カーギル社は、制御ループのパフォーマンスモニタおよび高度な診断ソリューションをグローバルに展開することで、効率、スループット、生産高を向上しました。

TotalFORCEテクノロジによるスマートモータ制御の進化

モータとドライブでは、統合と接続性が向上しています。今日では、予測分析機能を組み込んだドライブによって、予期しない重大なダウンタイムを防ぐことができます。

デジタルツインによる製造効率の向上

デジタルツインは製造業で使用するための素晴らしい機会を提供します。それらが適用される3つのフェーズには、設計、運用、および保守が含まれます。

注目の製品&ソリューション

「Automation Today」のこのセクションでは、アジア太平洋地域のロックウェル・オートメーションの最新の製品とソリューションを紹介します。

よりスマートなマシン、よりスマートなマニュファクチャリングを実現するために

「Automation Today」のこのセクションでは、今回取り上げる主なテーマとトピックの概要を説明します。

IIoT変革: スマートマニュファクチャリング

コネクテッドデバイスやシステム、高度な分析、最新のネットワークアーキテクチャにより、従来の想像を超えたプロセスや結果を最適化します。

電気自動車製造を合理化するスマートマシン

自動車メーカは、電気自動車の生産需要の増加に対応するために、サプライチェーン全体を通じてサプライヤから革新的なソリューションを求めています。

デルタロボットが韓国の包装会社の生産性を向上

ロックウェル・オートメーションの統合アーキテクチャを活用したロボットソリューションは、ハニャン・パッケージング社の生産性と効率を向上し、コストを削減できました。

よりスマートでより安全な機械と機器を実現

スマートマシンとスマート機器により、よりスマートな製造企業を実現できます。それらは、製品品質の向上、ダウンタイムの低減、そして生産性の向上に役立ちます。

自動車製造メーカの現状を打開するテクノロジ

変化する消費者の要求を満たすために、自動車メーカには複数のモデルやバリエーションの生産に必要な柔軟性とスピードが求められます。それには最新のスマート・オートメーション・テクノロジが役立ちます。

ロックウェル・オートメーションの製品およびソリューション

「Automation Today」のこのセクションでは、アジア太平洋地域におけるロックウェル・オートメーションの最新の製品とソリューションを紹介します。

スマートマニュファクチャリングでサイバーセキュリティを強化

食品飲料会社が施設を接続して、データを保護する方法をご紹介します。

コネクテッドエンタープライズのリスク管理

コネクテッドエンタープライズは莫大な価値を提供しますが、固有リスクもあります。このリスクは、デジタルトランスフォーメーションの一部として管理する必要があります。

デジタルエンタープライズの保護

このセクションでは、今回のAutomation Todayで取り上げている主なテーマとトピックを簡単に説明します。

アルコール製造でのMPCと提携した分析

アルコール製造装置の異常によって製品の品質と一貫性が損なわれる前に、MPCと分析ツールを使用して異常を特定します。

スマートマニュファクチャリングのためのセキュリティ

スマートマニュファクチャリングを活用するには、インフラの保護、資産の保護、およびネットワークの可用性を保つことができるセキュリティ戦略が必要です。

変わりつつあるセキュリティリスクとその対処法

セキュリティリスクは変化しているため、特に今日の急速に進化するデジタル製造環境では、サイバーセキュリティへの包括的なアプローチをとることが最も重要です。

機械装置メーカ(OEM)が世界に先駆けた装置を開発

平田機工が、業界初の量産ラインで電気自動車用バッテリの需要増に貢献

デジタル化は業界で話題となっている単なる流行語ではありません

Automation Todayのこのセクションでは、マガジンで取り上げられている主なテーマとトピックの概要を説明します。

最新ニュースおよびイベントハイライト(2018年9月~11月)

ロックウェル・オートメーションの世界で開催されたイベントとハイライト。アジア太平洋地域で今後開催されるイベントにご参加ください。

世界的な食品加工大手がオペレーションを合理化

世界的な食品加工大手は、可視性とリモートモニタを強化するためにITとOTを統合して、コネクテッドエンタープライズの実現に向けて開始しました。

物理的な運用をデジタル技術で変革

ロックウェル・オートメーションとPTCは戦略的パートナシップ契約の締結し、世界中の企業が物理的な運用をデジタル技術で変革できるように支援します。

IIoT導入の効果を一段と高めるには

産業用モノのインターネット(IIoT)が、業界で話題となっている単なる流行り言葉からビジネス上の優先事項となる中で、IIoTが具体的にはどのように使用されているのかを多くの企業が真剣に学ぼうとしています。

デジタルツインの使用を拡大

デジタルツインの使用はあなたの組織で混乱を引き起こしますか? あなたは一人ではありません。デジタルツインは3つのフェーズに適用されます。今明確にすれば、後でより大きな利益を享受することができます。

ブレーキをかけずにリスクを軽減

EV製造メーカは、新製品の発売スケジュールを早めるという重圧を受けています。グローバルなプログラム管理により、EV製品の新発売が成功し、スマートマニュファクチャリングへの道が切り開かれます。

地熱発電所のネットワーク全体を最新化

ロックウェル・オートメーションは、より高いパフォーマンス、より簡単な診断、強化されたデータキャプチャ、および堅牢なサイバーセキュリティを提供して、地熱発電所のネットワークを最新化します。

視覚化テクノロジによってより安全なプロセスで運用可能

視覚化テクノロジ(複合現実、拡張現実および仮想現実)は、労働者の能力を強化して、より安全でより生産的なプロセスを作り出す上で役立ちます。

デジタル表現が最終結果を左右する

デジタルトランスフォーメーションの2つの基盤であるデジタルツインとデジタルスレッドは、仮想環境での実践、プロセス、および製品の概念を試すための新しい方法を提供します。

Studio 5000が実現するコネクテッドエンタープライズ

Studio 5000®オートメーション設計環境は、コネクテッドエンタープライズの実現に貢献します。

グローバルな大手食品メーカがコネクテッドエンタープライズを実現

ITとOTが出会うと、プロセス、人、地域間の効率が向上します。

グローバルなタイヤメーカが生産を最新化

グローバルなタイヤメーカは、タイヤサイズの変更と製品の取り扱いのために、非常に高い柔軟性を提供できる生産システムに新しい機能を組み込みました。

デジタル表現は改善のためのロードマップ

デジタルツインとデジタルスレッドは、コネクテッドエンタープライズ内での実験と改善のための仮想基盤を作成します。

スキッド統合を最初からスマートに

複数の機械装置メーカ(OEM)に依存するライフサイエンス企業は、事前計画および最新式のDCSによってスキッド統合の課題を緩和することができます。

デジタルツイン: 時間通りにスマートな製品を生産

高度な機械設計の増大するリスクを抑制するために、デジタルツインはエンジニアが予算を破ることなく情報に基づいて設計を決定をするのを支援します。

新たなスタートをスマートに切ります。

すでに変革を始めている企業はよりスマートなデバイスやツールを活用し、安全を機械の中心機能とすることで、さらに一歩先を進むことができます。

企業のデジタル化

多くのメーカは、デジタル化を利用して業務を改善し、新しい収益源を活用して収益性を向上させています。

スタッカ・リクレーマ・ソリューション

スタッカ/リクレーマソリューションは、ネットワーク接続された鉱山の重要な要素です。この接続性をいかして統合システムを構築でき、リアルタイムの意思決定が可能となります。

リアルタイムな洞察を使用して驚異的な成果を生み出す

デジタルトランスフォーメーションは製造メーカの生産性、品質、収益を向上させ、規格への準拠を実現しています。

よりスマートに、よりコネクテッドに

開発と成功を確実なものにするためには、最新動向に遅れず、消費者の心を捉え、利用可能な才能と技術を利用しなければなりません。

最新ニュースおよびイベントハイライト

2017年9月から12月にかけての最新ニュースおよびイベントハイライト

コネクテッドエンタープライズの構築: デジタル化の実現

競争力を維持するというエンドユーザのニーズとプレッシャーがあるため、機械装置メーカは今すぐ行動し、オペレーションを改善し変換するためにコネクテッドエンタープライズに移行する必要があります。

接続されたインテリジェンスによる事業の活性化

戦略的な資産パフォーマンス管理ソリューションにより、石油&ガスの大手企業がコネクテッドエンタープライズに導かれ、新しいビジネスチャンスが開かれました。

コネクテッドデジタル油田

石油&ガスの機械装置メーカ(OEM)はイーサネット接続とソフトウェアの革新を利用して、生産パフォーマンスを向上させ、サプライチェーン全体で情報を共有することができます。

セキュアな産業用ネットワーク構築のための5つの手順

ネットワークサービスとセキュリティサービスは、機械装置メーカ(OEM)の堅牢でセキュアなネットワークの開発と導入を簡素化するコネクテッドサービスの2つの側面です。

コネクテッドテクノロジ&ソリューション

2017 Automation Fair®のコネクテッドエンタープライズのパビリオンで展示された、高度でスケーラブルなテクノロジとソリューションを紹介します。

化学会社は最新DCRへと移行

Tomaticは、建設化学会社のサポートされていないブラックボックスのハードウェアとソフトウェアを、インダストリ4.0の機能を備えた最新の統合型コネクテッドプロセス制御ソリューションに置き換えます。

コネクテッドエンタープライズが焼結プラントを改善

接続された統合制御ソリューションは、ウクライナの焼結プラントにおいてプロセス精度の向上、エネルギー管理の強化、および包括的なデータ収集機能を実現します。

スマートセーフティのインタラクティブなカタログ

このインタラクティブなカタログでは、当社のスマートセーフティ製品がコネクテッドエンタープライズにとっていかに重要か、またこれらの製品が生産と保守の最適化と安全性の向上をどのように実現するかをご覧いただけます。

スマートセンサのインタラクティブなカタログ

このインタラクティブなカタログでは、当社のスマートセンサがコネクテッドエンタープライズにとっていかに重要か、またこれらの製品が製造や生産、保守の最適化をどのように実現するかをご覧いただけます。

コネクテッドエンタープライズによるデジタルトランスフォーメーション

コネクテッドエンタープライズへのデジタルトランスフォーメーションにより、会社としてのパフォーマンスのあらゆる側面を改善できます。

安全なコネクテッドエンタープライズ

コネクテッドエンタープライズにより、製造メーカはプラントの生産性を高めつつ、安全をモニタし、向上させることが可能になります。

後で後悔するよりも安全第一

コネクテッドエンタープライズは、生産性を向上しながら従業員の安全とビジネスのセキュリティ問題の潜在的なリスク最小限にするのに役立ちます。

ConnectedProductionを支える技術

当社のリモートデータ収集コントローラは、ワイヤレスかつ長距離対応、多周波が特長で、過酷な環境にも対応できます。

エネルギー・モニタ・システムにより可視性が向上

このグローバル企業が1つのエネルギー・モニタ・ソリューションを使用して、エネルギー効率とレポート機能をどのように改善したかをご覧ください。

現在の装置でIIoTのゲームに参加

製造メーカは、産業用モノのインターネット(IIoT)のパフォーマンス上の利点を活用するために、装置およびオートメーションを最新の状態に保つ必要があります。

業界リーダのための新規設備投資に関わる考察

IIoT時代の新規設備投資に関わる産業プロジェクトには、新しく柔軟で生産的なプラントソリューションが必要です。

PlantPAxはコストを削減し、効率を向上

最新のDCSであるPlantPAxによって標準化されたシステムを使用することで、KCCは効率を改善し、エンジニアリング時間を短縮し、ダウンタイムを低減し、メンテナンスを改善することができました。

マシンデータのオペレーショナルインテリジェンスへの変換

製造メーカがデジタル対応の運用を行なっている場合、リアルタイム情報と分析は、生産問題の発生を防止し、改善努力を推進する助けとなります。

シリアル化ソリューションによる5つの利点

エンドツーエンドのトレーサビリティを実現する完全にスケーラブルなソリューションを活用することで、規制要件を満たします。

お客様とリアルタイム生産データとの結び付け

1つの工場、1人のオーナの下で物理的に統合するかわりに、現在ではモノのインターネット(IoT)を使用して生産をデジタル統合できます。

スマートセーフティのカタログ

このカタログでは、当社のスマートセーフティ製品がコネクテッドエンタープライズにとっていかに重要か、またこれらの製品が生産と保守の最適化と安全性の向上をどのように実現するかをご覧いただけます。

リスク管理のデジタル化: 安全およびセキュリティ

コネクテッドエンタープライズとIoT対応テクノロジは、資産やプロセスの監視、従業員保護の改善、ビジネスシステムと情報の保護に役立ちます。

わずかの努力で多くを取得: コネクテッドエンタープライズ

コネクテッドエンタープライズへの移行でIoT技術を採用すると、思った以上の成果が業務に現れます。

データを使って産業安全を強化

コネクテッドエンタープライズでは、安全の専門家が自社の安全データの持つ力を活用して、リスクに対する理解を高め、産業安全を強化することができます。

リアルタイム生産データの一体活用

IoT対応コネクテッドエンタープライズが、サプライチェーンの上流と下流でリアルタイム情報を共有し、生産性および収益性を向上させ、競争上の優位性を生み出します。

スマートマニュファクチャリングでの規格の役割

多くの国々がスマートマニュファクチャリング戦略の採用に熱心です。実際に影響を及ぼすのは最新のテクノロジではなく、その裏にある規格です。

企業のデジタル化と性能確保に向けた戦略

多くの組織がデジタル化の途上にありますが、その大半の道のりは直線的ではありません。御社のデジタル化の成功を妨げているものは何か、一度見直してみませんか。

運用のインテリジェンス

継続的な向上とは、継続的な努力を意味します。モノのインターネット(IoT)を活用したコネクテッドエンタープライズで業務を簡略化しましょう。

コネクテッドエンタープライズから利益を得る技術を実現

技術を実現にすることで機動性の高いコネクテッドエンタープライズが作り出され、運用の拡大、新製品やプロセスの革新、ビジネスの成長に役立ちます。

テクノロジを使用してオペレーションと企業をリンク

コネクテッドエンタープライズのテクノロジには、戦略、評価、優先順位付け、アップグレード、繁栄という実用的なアプローチをとってください。

コネクテッドエンタープライズのメリット

統合された制御および情報に関する当社の製品ラインと各種ソリューションは、障壁を打ち壊してデータへのセキュアなアクセスを実現し、適切な人員に的確なインテリジェンスを提供します。

IIoTとの「モノ」の接続

「コネクテッドエンタープライズにはスマート資産が不可欠です」と、ロックウェル・オートメーションの社長兼CEOであるブレイク・モレットは語ります。

コネクテッドエンタープライズのセキュアな制御システム

産業サイバーセキュリティの重要性と、新しい技術をどのように活用してセキュリティの最適化を図るべきかについて企業幹部が説明します。

コネクテッドエンタープライズのビジョン

ロックウェル・オートメーションが掲げるコネクテッドエンタープライズのビジョンについて説明しています。

コネクテッドエンタープライズのモデルのステージ

新たに起こるモノのインターネット(IoT)の脅威を防止し、オペレーショナルエクセレンスへの第一歩を後押しする5つの実行モデルのステージをご確認ください。

コネクテッドエンタープライズ:概要

製造分野でビッグデータが活用されるようになった現在、接続性がどのように事象に対する理解を深め、意思決定力を高めるかについて説明します。

拡張可能な技術とコネクテッドエンタープライズ

拡張可能な産業用技術がどのようにコネクテッドエンタープライズを強化するかご覧ください。

産業パフォーマンスを強化

効果的な意思決定の促進や、プロセスの効率に関する問題点の認識、ベストプラクティスに基づいたコラボレーションの推進、新たなビジネス機会の特定を実現します。

運用可能に向けての主な注意事項

コネクテッドエンタープライズを運用可能にする際に検討すべき事項をご確認ください。情報で競合性を高める方法をご覧ください。

「インダストリ4.0」の活用方法

モノのインターネットの機会を迅速につかみ、新たな機会に対応する方法をご確認ください。

コネクテッドエンタープライズと視覚性の向上

コネクテッドエンタープライズにより、ロックウェル・オートメーションは施設やサプライヤネットワークの最適化や、視覚性や意思決定力の改善を実現します。

コネクテッドエンタープライズのメリット

機械、プロセス、プラント、サプライチェーン間の通信を改善することで、主な意思決定者たちがどのように運用の柔軟性を高め、生産性を改善できるかについて説明します。

人材およびプロセス、技術間の連携強化

コラボレーションと統合によって、どのようにリアルタイムのデータを活用して、より優れた収益性の高いビジネス決定を行なうことができるようになるかをご確認ください。

スマートマニュファクチャリングでコストを削減し、生産性を向上

施設で無駄や損失の発生しているエリアを特定し、プロセスを修正するのは製造メーカの仕事であり、これが収益の向上へとつながります。

機械メーカ:設計の生産性を最大限に高める

このビデオでは、設計時間を短縮し設計コストを削減する方法について説明します。

コネクテッドエンタープライズで顧客に喜ばれるイニシアチブを実施

コネクテッドエンタープライズで運用の安定化を図ったら、製造メーカはこれを活用して品質、速度、価格の引下げで顧客の満足度を向上させる必要があります。

鉱業の未来を展望

リアルタイムで情報にアクセスしそれを使用して採掘事業の安全性と効率を高めます。

Increase Productivity with Modern Technologies

With modern technologies and a Connected Enterprise, your company can dramatically increase productivity.

MPI Internet of Things Study

MPI Internet of Things Studyは、IoTによる業績向上に向けた米国の製造メーカ各社の準備・計画状況を評価するものです。

スマートマニュファクチャリングと最新技術

この電子書籍では、最新技術の採用によりスマートマニュファクチャリングを実現する方法について説明します。

スマートマニュファクチャリング

世界をよりスマートな場所にするにはどうすればいいでしょうか。コネクテッドエンタープライは製品や人材、意思決定のスマート化を実現します。

未来の生産に備えて運用を安定化

機器の信頼性を重視すれば、安全な作業現場を構築し、環境コンプライアンスを徹底できます。

リスクを根本から解消する

オートメーション基盤での産業リスク管理に関する課題に対応する方法を電子書籍でご紹介しています。

プラントフロアの改善が競争力強化につながる

スマートマニュファクチャリングを推進して投資利益率を達成するには、まず生産パフォーマンスの目標を設定します。

スマートマニュファクチャリングによるインテリジェンスの活用

内蔵されたインテリジェンスや新しい情報源を活用してコネクテッドエンタープライズを構築する方法を白書で紹介しています。

モノのインターネット(IoT)を活用してよりスマートな運用を

製造部門幹部の多くが、今後5年間にIoTが収益性の向上に貢献すると考えています。IoT成功への道を開く4つの重要なステップをご覧ください。