コネクテッドエンタープライズのリソース

デジタルトランスフォーメーションの出発点

コネクテッドエンタープライズのメリットを詳しくご紹介するリソースです。

フィルタ&絞り込み

Industry 4.0: 課題とリスク

デジタルトランスフォーメーションには多くの利点があります。課題としては、セキュリティ、テスト容易性、データ収集、立法および標準化があります。

鉱夫がIIoTを採用する理由

鉱山のパフォーマンスを最適化するためには、鉱夫はまず変化を受け入れ、モノのインターネット(IoT)を受け入れなければなりません。

ビッグデータにかわるスマートデータ

産業用IoTアプリケーションのビッグデータはますますスマートデータに置き換わられ、迅速かつコスト効率よくビジネス価値を導き出します。

ラボをデジタル化するときですか?

最新のDCSは、技術移転を容易にし、パイロットプラントから市場へのライフサイエンス製品の高速化に役立ちます。

プラント運用の可視性を向上

デジタルテクノロジは、メンテナンス、修理、および運用資産データを使用可能なものに変換できます。

データを活用してダッシュボードで整理

これは、ダッシュボードを使用して有用な方法でデータと分析を表示する方法であるため、最も重要な情報を表示できます。

コネクテッドエンタープライズのリスク管理

コネクテッドエンタープライズは莫大な価値を提供しますが、固有リスクもあります。このリスクは、デジタルトランスフォーメーションの一部として管理する必要があります。

アルコール製造でのMPCと提携した分析

アルコール製造装置の異常によって製品の品質と一貫性が損なわれる前に、MPCと分析ツールを使用して異常を特定します。

サイバーセキュリティのホラーストーリーにはハッピーエンドが必要

プラントはインダストリ4.0の準備ができている場合があります。しかし、それはサイバーセキュアですか?

最高のインフラを使用して最高のデータを取得

オペレーショナルインテリジェンスとそれに続く分析は、実際には適切なソフトウェアに接続された適切なスマートデバイスを使用する場合にしか役立たない可能性があります。

デジタルツインの使用を拡大

デジタルツインの使用はあなたの組織で混乱を引き起こしますか? あなたは一人ではありません。デジタルツインは3つのフェーズに適用されます。今明確にすれば、後でより大きな利益を享受することができます。

ブレーキをかけずにリスクを軽減

EV製造メーカは、新製品の発売スケジュールを早めるという重圧を受けています。グローバルなプログラム管理により、EV製品の新発売が成功し、スマートマニュファクチャリングへの道が切り開かれます。

視覚化テクノロジによってより安全なプロセスで運用可能

視覚化テクノロジ(複合現実、拡張現実および仮想現実)は、労働者の能力を強化して、より安全でより生産的なプロセスを作り出す上で役立ちます。

デジタル表現が最終結果を左右する

デジタルトランスフォーメーションの2つの基盤であるデジタルツインとデジタルスレッドは、仮想環境での実践、プロセス、および製品の概念を試すための新しい方法を提供します。

デジタル表現は改善のためのロードマップ

デジタルツインとデジタルスレッドは、コネクテッドエンタープライズ内での実験と改善のための仮想基盤を作成します。

スキッド統合を最初からスマートに

複数の機械装置メーカ(OEM)に依存するライフサイエンス企業は、事前計画および最新式のDCSによってスキッド統合の課題を緩和することができます。

デジタルツイン: 時間通りにスマートな製品を生産

高度な機械設計の増大するリスクを抑制するために、デジタルツインはエンジニアが予算を破ることなく情報に基づいて設計を決定をするのを支援します。

企業のデジタル化

多くのメーカは、デジタル化を利用して業務を改善し、新しい収益源を活用して収益性を向上させています。

リアルタイムな洞察を使用して驚異的な成果を生み出す

デジタルトランスフォーメーションは製造メーカの生産性、品質、収益を向上させ、規格への準拠を実現しています。

安全なコネクテッドエンタープライズ

コネクテッドエンタープライズにより、製造メーカはプラントの生産性を高めつつ、安全をモニタし、向上させることが可能になります。

後で後悔するよりも安全第一

コネクテッドエンタープライズは、生産性を向上しながら従業員の安全とビジネスのセキュリティ問題の潜在的なリスク最小限にするのに役立ちます。

現在の装置でIIoTのゲームに参加

製造メーカは、産業用モノのインターネット(IIoT)のパフォーマンス上の利点を活用するために、装置およびオートメーションを最新の状態に保つ必要があります。

業界リーダのための新規設備投資に関わる考察

IIoT時代の新規設備投資に関わる産業プロジェクトには、新しく柔軟で生産的なプラントソリューションが必要です。

マシンデータのオペレーショナルインテリジェンスへの変換

製造メーカがデジタル対応の運用を行なっている場合、リアルタイム情報と分析は、生産問題の発生を防止し、改善努力を推進する助けとなります。

お客様とリアルタイム生産データとの結び付け

1つの工場、1人のオーナの下で物理的に統合するかわりに、現在ではモノのインターネット(IoT)を使用して生産をデジタル統合できます。

リスク管理のデジタル化: 安全およびセキュリティ

コネクテッドエンタープライズとIoT対応テクノロジは、資産やプロセスの監視、従業員保護の改善、ビジネスシステムと情報の保護に役立ちます。

わずかの努力で多くを取得: コネクテッドエンタープライズ

コネクテッドエンタープライズへの移行でIoT技術を採用すると、思った以上の成果が業務に現れます。

データを使って産業安全を強化

コネクテッドエンタープライズでは、安全の専門家が自社の安全データの持つ力を活用して、リスクに対する理解を高め、産業安全を強化することができます。

リアルタイム生産データの一体活用

IoT対応コネクテッドエンタープライズが、サプライチェーンの上流と下流でリアルタイム情報を共有し、生産性および収益性を向上させ、競争上の優位性を生み出します。

スマートマニュファクチャリングでの規格の役割

多くの国々がスマートマニュファクチャリング戦略の採用に熱心です。実際に影響を及ぼすのは最新のテクノロジではなく、その裏にある規格です。

企業のデジタル化と性能確保に向けた戦略

多くの組織がデジタル化の途上にありますが、その大半の道のりは直線的ではありません。御社のデジタル化の成功を妨げているものは何か、一度見直してみませんか。

運用のインテリジェンス

継続的な向上とは、継続的な努力を意味します。モノのインターネット(IoT)を活用したコネクテッドエンタープライズで業務を簡略化しましょう。

コネクテッドエンタープライズから利益を得る技術を実現

技術を実現にすることで機動性の高いコネクテッドエンタープライズが作り出され、運用の拡大、新製品やプロセスの革新、ビジネスの成長に役立ちます。

テクノロジを使用してオペレーションと企業をリンク

コネクテッドエンタープライズのテクノロジには、戦略、評価、優先順位付け、アップグレード、繁栄という実用的なアプローチをとってください。

スマートマニュファクチャリングでコストを削減し、生産性を向上

施設で無駄や損失の発生しているエリアを特定し、プロセスを修正するのは製造メーカの仕事であり、これが収益の向上へとつながります。

コネクテッドエンタープライズで顧客に喜ばれるイニシアチブを実施

コネクテッドエンタープライズで運用の安定化を図ったら、製造メーカはこれを活用して品質、速度、価格の引下げで顧客の満足度を向上させる必要があります。

未来の生産に備えて運用を安定化

機器の信頼性を重視すれば、安全な作業現場を構築し、環境コンプライアンスを徹底できます。

プラントフロアの改善が競争力強化につながる

スマートマニュファクチャリングを推進して投資利益率を達成するには、まず生産パフォーマンスの目標を設定します。

モノのインターネット(IoT)を活用してよりスマートな運用を

製造部門幹部の多くが、今後5年間にIoTが収益性の向上に貢献すると考えています。IoT成功への道を開く4つの重要なステップをご覧ください。

データを活用した生産

IoTは製造業に競争力をもたらしますが、同時に課題もあります。企業幹部は情報を共有して活用できるよう、プラントや機器の準備を整える必要があります。

オートメーションの現代化:今すぐ開始

スマートマニュファクチャリングには現代化が必要となります。オートメーション、機器、およびネットワーク技術の急速な進歩により、生産システムは以前よりも早く陳腐化します。

スマートデバイスがパフォーマンスと収益増加を促進

人間なら誰しもがミスを避けようとするものです。しかし、モノのインターネット(IoT)で実現したスマートデバイスとインテリジェントマシンのおかげで、モノだってミスを避けられるようになりました。

インテリジェンスで業務革新を推進

製造メーカの皆様は、スマート化を進め、データを活用して問題を発生前に排除し、業務プロセスや作業の革新を継続的に行なう必要があります。

IoTでサプライチェーンとの連動を図る

コネクテッドエンタープライズを導入すれば、モノのインターネット(IoT)と埋め込みインテリジェンスのおかげでプロセスとプロセスが連動するため、サプライチェーンも連動させることが可能です。

今からつける将来の収益力

機器の稼働状況をリアルタイムで伝えるコネクテッドエンタープライズなら、生産に影響が生じる前に潜在的な問題に対処できます。

スマートマニュファクチャリング:ミレニアル世代の機械

その要因こそがスマートマニュファクチャリングです。これは接続された機械同士が相互に、また企業の基幹システムとの間で通信を行なう製造形態であり、製品の設計や製造、出荷、販売のあり方を一変させています。

IoT戦略を損なう企業文化

IoTやコネクテッドエンタープライズの価値を理解するために、組織文化の意識を統一し、変更管理プロセスを導入するための方法を探ります。

資本投資計画:ビジネスにおける俊敏性

製造メーカの将来あるべき姿は現在の姿ではありません。市場動向(企業間取引とコンシューマ)が急速に変化するなか、御社も素早く対応する必要があります。

プラント全体の最適化:改善に向けての投資

技術が急速に進歩している機器製造業界。購入する側はこの点を注意深く観察しています。その理由とは。

コネクテッドエンタープライズに向けた文化の変革

コネクテッドエンタープライズの構築にあたって最大の障害となるのは技術的な困難ではなく、おそらく状況の変化に対する社内からの抵抗です。

継続的に進化してこそのコネクテッドエンタープライズ

コネクテッドエンタープライズとは、現在のみならず未来の成功をも支える大きな推進力なのです。

コネクテッドエンタープライズ:人材とプロセス、技術

モノのインターネット(IoT)、あるいは機械間(M2M)通信と聞くと、オートメーションや人工知能、完全自動製造といったイメージが浮かびます。

コネクテッドエンタープライズの実行モデル

5段階のコネクテッドエンタープライズ成熟モデルは、情報技術(IT)と運用技術(OT)を統合することでパフォーマンスを向上させます。

Design-Build Selection for Water Utilities

The right procurement methodology could be the key to a cost-effective, future-ready water system.

ネットワーク…収益性の高い資産、それともコストセンタ?

企業がモノのインターネットの活用法を模索するなか、産業用オートメーションの未来を担うと言われているのがIP技術です。

コネクテッドエンタープライズがもたらす経済的メリット

コネクテッドエンタープライズにより、これまで是非が不明瞭だった選択に明確な判断基準が与えられます。

インダストリ4.0の実現

ITとOTの統合が必要だとわかっていてもどこから始めてよいかわからない。そんな方に、5段階のコネクテッドエンタープライズ実行モデルをお薦めします。

Is Big Data Too Big to Handle?

The value of Big Data is not in collecting the most information; it’s about collecting the right information – and then learning from it.

協調的な企業とサプライチェーンの構築

企業はどのようにすれば、資産を保護しながらグローバルビジネスのメリットを享受できるのでしょうか。

必要な情報を有効に活用して進歩を実現

制御システム内のデータを活用し、他の生産システムから取得したデータと関連付けてコンテクスト情報を与えましょう。

IoTで生産性と安全性を向上

総合的なモノのインターネット評価を行なわなければ、IoTがもたらす真の機会をいかして運用性を高めることはできません。=G929