リスク管理

人員、収益、知的財産の保護

作業員の安全と製品の品質、設備の陳腐化は持続的な問題です。また同時に、セキュリティ上の脅威によって、制御システムが破壊され、知的財産が危険にさらされるという新たな安全リスクが生じています。

こうした問題に対応する目的でコネクテッドエンタープライズ戦略に産業用リスク管理を組込めば、資産と企業ブランドのどちらもを守り抜くことができます。

リスクを根本から解消

インフラ基盤に注力し、問題の発生源対策を講じる

産業用リスク管理は、作業員の怪我やデータ漏洩、製品のリコールといった事象が生じる領域に対して実施すべきですが、それが産業用オートメーションのインフラ基盤であることが少なくありません。

リスク管理を実施すべき4つの主な領域は、次の通りです。

  • 設備の陳腐化: 制御システムや情報システムの最新化により、ダウンタイムの最小化、コンプライアンスのサポート、品質、安全、セキュリティの対応を図ります。
  • 品質: コネクテッドエンタープライズで利用可能なデータを活用することで品質管理を改善し、規制要件に遵守します。
  • 安全: クラス最高の製造メーカに随従すべく、文化、コンプライアンス、資本という3つの主な領域での安全に取り組みます。
  • セキュリティ: 包括的なセキュリティアプローチの採用により、ますます拡大する昨今の脅威の状況から守ります。

情報時代における産業用リスク管理

安全対策の第一歩はセキュリティ対策

産業用セキュリティリスクによってもたらされる脅威は、知的財産の損失や業務の破壊、製品品質の低下だけでなく、人や環境の安全もが危険にさらされる可能性があります。安全が危ぶまれるシステムは個々の作業員や施設全体の安全を危険にさらす恐れがあり、また不正なシステムや破壊されたシステムにより、人々が依存する食品や医薬品、水、エネルギー供給が脅威にさらされることもあります。

安全およびセキュリティをコネクテッドエンタープライズに統合する際に、組織が重要な手順に従えば、セキュリティリスクが安全面に及ぼす影響を評価および管理して軽減することができます。

産業用セキュリティの詳細情報を表示する

コネクテッドエンタープライズを構築して安全を向上させるには

トレーサビリティとシリアル化に対して高まるニーズ

規制の遵守および産業用リスク管理の強化

サプライチェーンの強化と製品トレーサビリティの向上を目的とする新たな規制の登場により、食品、医薬品、金属、その他の製造メーカに対し、シリアル化とトレーサビリティソリューションの導入という新たな要件が課されています。

総合的なシリアル化システムを使用してサプライチェーン全体でデータをシームレスに共有し、販売可能なレベルのユニットまで追跡できれば、これらの要件の遵守が促進されます。コネクテッドエンタープライズではシリアル化システムやトラック&トレースシステムによるビジネス上のメリットもあり、例えば、リバースロジスティックス(逆物流管理)は、製品リコールの効率的な実施や、有益なデータによる予測の向上に役立ちます。

リスクに対する厳格な継続的監視

産業用リスク管理のデジタル化による安全性の強化

コネクテッドエンタープライズのサイバーセキュリティを懸念しているのであれば、多くの組織は保護されていないオートメーションシステムにデータを配信する旧式の技術を配備しているという事実に着目します。デバイスの接続数が増えれば、それだけハッカーの侵入口も増大します。コネクテッドエンタープライズではこうしたリスクを管理して、セキュリティを強化できます。

コネクテッドエンタープライズによりスマートな技術を導入すれば、安全面を管理できます。自己認識型機器は自らの性能をモニタして、安全上の問題が生じる前に担当者に警告します。モバイル端末は、作業員と装置の間に安全な距離を保つうえで役立ちます。そして埋め込みインテリジェンスによって製品の統合性や消費者の安全性が守られます。

詳しくは、当社にご相談ください。

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。