運用のインテリジェンス

情報面での改善がスマートファクトリの意思決定の向上を促進

運用データはデジタルマニュファクチャリングに不可欠な要素です。必要なときに必要とする人に適切な情報を提供することで、作業員の意思決定力が向上します。また診断や問題解決を独自に実行するスマートマシンを利用すれば、ダウンタイムの少ないスマートな運用が実現します。

当社ではお客様がデジタルマニュファクチャリングを効率的かつ安全な方法で最大限に活用して、競争力を高められるようにします。当社の戦略的提携パートナであるシスコ社、Microsoft社、パンドウィット社、エンドレス・ハウザー社と協力して、お客様に技術上および戦略上の優位性をもたらすソリューションやサービスを提供しています。

デジタルマニュファクチャリングの潜在性を実現

埋め込みインテリジェンスがもたらす運用向上の無限の可能性

コネクテッドエンタープライズというアプローチの基盤になるのは、産業用モノのインターネット(IIoT)から得たデータの活用法を理解することです。利用可能なデータの中でも最も重要なのが、スマートマシンやスマート機器に埋め込まれたインテリジェンスです。

機器のステータスや例外ベースのレポートといったデータを収集することで、プロセスに対する新たな洞察を得て資産を最適化することができるほか、埋め込みインテリジェンスでは、次のようなサポートも提供します。

  • 運用上の強みと弱点の特定
  • パフォーマンス管理システムの確立
  • より優れた生産システムの設計および導入
  • 目標に的を絞ったトレーニングプログラムの策定

事例

デジタルマニュファクチャリングの活用

革新的な組織ではデジタルマニュファクチャリングを活用して、手動プロセスを減らし、生産量を増大させ、ビジネス成果を向上させています。組織がプロセスをデジタル化してビジネス価値を見出す方法をご覧ください。

プラサン・カーボン・コンポジット社が製造インテリジェンスをどのような方法で用いて生産性を向上させているかをご覧ください

スマート生産

需要ベースの製造

運用のインテリジェンスを組織のあらゆる部門、さらにはサプライヤやお客様にまで拡張することで、需要ベースの製造の基盤が形成されます。

新しい発注が入ると、製造実行システム(MES)が指示とワークフローを作成し、インテリジェントな製造が自律的に構成を実行し、必要に応じて原材料が調達されます。出荷後、MESがERPレベルのビジネスシステムと通信し、重要な情報がサプライヤに送信されます。納入-性能データと製品-品質データがプラントに送り返され、潜在的な問題が見つかればオペレータが対処し解決に当たることができます。納入-性能データと製品-品質データがプラントに送り返され、潜在的な問題が見つかればオペレータが対処し解決に当たることができます。これがデジタル製造の仕組みです。

リアルタイム分析

デジタルマニュファクチャリングによって業務に対する見方が一変します。かつてはデータを手動で収集していましたが、定点のスナップショットしか示されず、人為的ミスが多発していました。リアルタイム分析ソフトウェアでは、産業用モノのインターネット(IIoT)の複数のソースからデータを自動的かつ継続的に取り込み、作業者にとって意味のある情報に変換します。

こうした分析によって運用の透明性が向上し、複雑な生産工程に対する可視性が高まります。オペレータや技術者らはこの分析に基づいて、生産性向上のための重大な判断をリアルタイムに下すことができます。そして他部門の意思決定者らもこうした作業をほぼ全面的にモニタすることができ、知り得た情報を品質や安全、コンプライアンス、エネルギー使用量、ダウンタイムなどの問題解決に利用できます。

詳しくは、当社にご相談ください。

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。