Loading

ArmorBlock Guard I/Oモジュール

Bulletin 1732 ArmorBlock® Guard I/O™モジュールは、従来の分散型I/Oのあらゆるメリットを安全システムにもたらします。これらのモジュールはIP67適合のEtherNet/IP™向けパッケージとして入手可能で、お使いの機械に直接取付けていただけます。

Popular Resources/Quicklinks
ArmorBlock I/Oモジュールのプロダクトプロファイル ArmorBlock Guard I/O DeviceNet安全モジュールのインストレーションインストラクション ArmorBlock Guard I/O DeviceNet安全モジュールのユーザーズマニュアル

Overview

  • GuardLogix®、Compact GuardLogix、Armor™ GuardLogixとのみ併用でき、Studio 5000 Logix Designer®ソフトウェアのモジュール固有のプロファイルで構成可能
  • PLdレベルのシングルチャネル安全入力およびPLeレベルのデュアルチャネル安全入力、最大評価Pleレベルの安全出力
  • バイポーラおよびソース安全出力構成から選択可能
  • イーサネットポートを2点備えているためリニアおよびデバイス・レベル・リング(DLR)トポロジに対応可能
  • ロータリ式スイッチによりIPアドレスを設定可能
  • 防塵防水用のIP65定格のパッケージで機械に取付け可能
  • フィールドデバイスの配線用に標準的なM12コネクタを提供
  • 人、生産性、および環境の保護に、安全コンポーネントおよび統合的な安全ソリューションをお役立てください。当社は、工場の現場が抱える課題を把握しており、業界トップレベルの幅広い安全製品群でお客様の目標達成に貢献します。

ArmorBlock Guard I/Oモジュール


Product Selection


Certifications
  • CE
  • 中国版RoHS
  • CSA
  • C-Tick
  • c-UL-us
  • ODVA適合
  • TÜV認定の機能安全(SIL 3、PLe/カテゴリ4まで)
  • リセプタクル防塵キャップまたはケーブルの終端は、IP69KおよびIP67規格に適合。
Looking for Additional Information?

To find additional product information including CAD drawing files, 3D models and more use our Product Catalog.


Documentation

Resource Catalog Number Language
ArmorBlock I/Oモジュールのプロダクトプロファイル 1732-PP001
ArmorBlock Guard I/O DeviceNet安全モジュールのインストレーションインストラクション 1732DS-IN001
ArmorBlock Guard I/O DeviceNet安全モジュールのユーザーズマニュアル 1791DS-UM001
Guard I/O EtherNet/IP安全モジュールのユーザーズマニュアル 1791ES-UM001
Literature LibraryLiterature Library
Literature Library

Browse Literature Library where you can search for additional technical and commercial publications in more languages.

 

Search Literature Library

KnowledgebaseKnowledgebase Support Center
Knowledgebase

Visit our online resource for technical information, support chat and forums, software updates and product safety advisories/notices.

 

Get Support


構成ツールおよび選択ツール

その他のリソース

  • 電子データシート — DeviceNet™、ControlNet™、EtherNet/IP™、およびネットワークに依存しないEDSファイルを検索できます。
  • ナレッジベース: 当社のオンラインリソースにアクセスし、技術情報の入手、サポートチャットやサポートフォーラムの利用、ソフトウェア更新プログラムのダウンロード、および「製品に関する通知書」や「製品安全の状況報告」の確認を行なうことができます。

Recommended For You