Loading

鉱物処理

予測通りの結果とパフォーマンスを実現する統合制御システム

Main Image

厳しい鉱業界では、洗脱や浮選、濃縮、濾過という処理工程を厳重に制御する必要があります。当社の採鉱ソリューションは、一貫した方法で鉱物の生産ができる最新式のDCSという形で提供します。生産量の増大やダウンタイムの低減につながるほか、ビジネスアプリケーションと統合させればリアルタイムで生産の主要業績評価指標を視覚化することもできます。


一貫性を向上させオペレーショナルエクセレンスを実現

一貫した統合型プロセス制御を実現する鉱業向けソリューション

不安定な供給、試薬や浄水の大量使用、鉱物処理で起こるさまざまな問題は生産量をはじめ、滞留時間や生産コストにまで影響を与えます。採鉱プラントには操業上必要な制御機器が導入されているものの、これらは通常、同じプラント内でも場所によってサプライヤが異なる、つまり、標準化されていないという問題があります。この問題は効率性の低下とコスト増加、複雑であるという問題につながります。

効率性と価値を向上させるには標準化された統合型のアプローチをご提案いたします。当社の採鉱ソリューションは、厳格な鉱物処理の制御要件を満たしており、旧式システムとの統合も簡単です。IoT技術のおかげで組織の全レベルがつながり本当の意味でのコネクテッドマイン(ネットワーク接続された鉱山)が実現、プラントデータを生産情報に転換することができます。

鉱業向けにあらかじめ設計済みですのでエンジニアリングに時間を取る必要がなくなり、その時間をばらつきの低減や生産量増加など制御戦略の実行にあてることができます。当社の採鉱ソリューションは統合と接続も簡単です。また、モビリティなどの視覚化技術のおかげでいつでもどこでも情報にアクセスできるほか、リアルタイムの生産トレンドモニタで迅速に対策を取れるという特長もあります。


異種機器の混在する鉱業建築物をひとつに統合

新しいプロセス制御システムでビル14棟をひとつに統合、コスト低減に成功

世界大手の希少金属製品メーカがカリフォルニア州で施設を買収しました。その目的は最新の鉱物処理施設をつくることでした。10億ドルもの資金を注ぎ込んだこのプロジェクトはこの拠点にある14棟の建築物に及ぶもので、その成功には施設全体の標準化が不可欠でした。同社は施設全体に共通の制御システムを導入してこれを実現しました。

PlantPAx DCSの詳細情報を表示する
当社コンサルタントとの相談をご希望ですか

当社の仕事は業界に関する専門知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

お客様へのご提案