Loading

プレスリリース

Recent ActivityRecent Activity

PlantPAx 5.0のリリースにより、生産性を向上させ、収益性を高め、プラント運用全体のリスクを軽減

コントローラにネイティブな新しいプロセス機能、サイバーセキュリティで保護されたアーキテクチャ、および改善されたシステムの可用性とワークフローにより、ハイブリッドおよび連続プロセス産業のプラントのライフサイクルのすべての段階で価値が解き放たれ、全体的なコストが削減されます。

Main Image

ロックウェル・オートメーション(NYSE: ROK)は、PlantPAx® 5.0分散制御システム(DCS)をリリースしました。ロックウェル・オートメーションのこの最新のDCSバージョンは、産業生産者がプラント全体のスケーラブルなシステムでプラント運用のライフサイクルにプラスの影響を与え、デジタルトランスフォーメーションと優れた運用を推進することを支援します。

新しいシステム機能は、コントローラにネイティブなプロセス機能を導入し、規制対象の業界でコンプライアンスを推進するシステム資産の可用性を向上させると同時に、企業のすべてのレベルで分析を採用できるようにすることで、オペレーションをデジタル変換することを支援します。直感的なワークフローと業界をリードするサイバーセキュリティ規格の使用は、チームがDCSの基盤を設計、配備、およびサポートするのに役立ち、市場投入までの時間を短縮し、プラントがより速い速度で利益を実現するのに役立ちます。

ロックウェル・オートメーションのグローバル・プロセス・ディレクタであるジム・ウィンターは次のように述べています。「PlantPAx DCS 5.0をお客様に提供できることをうれしく思います。新しいシステム機能は、お客様が設計と立ち上げに要する全コストを削減できるようにするための段階的な変更です。この機能により、プロセス制御層を企業に統合するための全体的な作業が改善されます。システムのライフサイクルコストを削減し、運用上のリスクを低減することで、エンドユーザにより多くの価値をもたらす革新的な方法を探し続けています。」

プロセスのエンドユーザは、従来のDCSに伴う負担をかけずに、最新のエクスペリエンスのメリットを提供するシステムを望んでいます。新しい5.0リリースは、次の分野で最新のDCSを革新します。

·       設置面積の削減

o   このリリースでは、新しいプロセスコントローラが導入され、最先端の処理能力と容量でLogixファミリーが強化され、PlantPAxアーキテクチャの複雑さが軽減されます。この活動により、ライフサイクル全体でシステムの総所有コストが削減されます。

·       プロジェクトの一貫性

o   コントローラのファームウェアに組み込まれたネイティブプロセス命令により、プロジェクトチームは、個々のプロジェクトまたはマルチサイトに対する配備で一貫性を持たせることを推進する戦略を制御するアプローチを採用できます。チームがオートメーションの基盤を最新化する際、一貫性により、展開されたシステムのライフサイクル管理が簡素化されます。一貫性により、総所有コスト(TCO)が削減されます。

·       ワークフローの合理化

o   PlantPAx 5.0は、改善された設計と運用ユーザエクスペリエンスを提供します。開発チームは、計装、アラーム、および診断システム要素の構成の節約を実現します。オペレータは、基礎となる制御ロジックを安全かつセキュアに表示する拡張機能を利用できます。メンテナンスでは、トラブルシューティングのためにビューアクセスが制御されます。

·       サイバーセキュリティのTÜV認定

o   最高のパフォーマンスで動作し、サイバーセキュリティの脅威を最小限に抑えるために、PlantPAx 5.0システムアーキテクチャは、電子的に保護されたシステムの実装に関するガイダンスを提供する国際規格ISA-99/IEC62443-3-3TÜV認定を受けています。

·       分析が有効

o   プロセスのエンドユーザは、分析の価値を、プロセス運用で利益を実現するための重要な戦略として認識しています。PlantPAx 5.0リリースには、DCSからのライブデータと履歴データをレポートおよび分析ツールに簡単に接続する専用のフレームワークがあります。

o   プラントのオペレーションを制御するプロセス戦略に沿ったワークフローを使用して、拡張現実(AR)などの拡張されたエクスペリエンスを実現します。

o   ソフトセンサ、異常検出、モデル予測制御などのプロセスアプリケーションの予測モデルと規範的モデルを活用する拡張可能なスケーラブルな分析パッケージが可能です。

生産者がデジタルトランスフォーメーションの旅を続けるにつれ、このシステムリリースからの進歩は、プラントのライフサイクルのすべての段階で価値を解き放ち、全体的なコストを削減するのに役立ちます。PlantPAx DCS 5.0については、rok.auto/plantpaxをご覧ください。

ソースバージョンはこちらからご覧ください。businesswire.com: https://www.businesswire.com/news/home/20201012005245/en/

 

ロックウェル・オートメーションについて

ロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK)は、産業用オートメーションおよびデジタルトランスフォーメーションのグローバルリーダーです。人々の創造力とテクノロジの潜在力を結びつけることで人の可能性を広げ、お客様の生産性を高め、地球に優しい技術を提供します。米国ウィスコンシン州ミルウォーキーに本社を置き、約23,000名の従業員が、世界100カ国以上の営業拠点でお客様をサポートしています。製造業におけるコネクテッドエンタープライズ実現の詳細は、当社ホームページをご覧ください。


購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。