Loading

ケーススタディ | デジタルトランスフォーメーションのリーダシップ

ノーボード社はデジタルトランスフォーメーションにより生産性を向上

工場の操業をより深く理解し従業員により多くの権限を与えることこそ「従業員ファースト」です

Main Image

多くのメーカと同様に、ノーボード社はプロセスとプラットフォームを正確に制御し、機器の監視の簡素化と、よりスマートで迅速な意思決定に心掛けています。

構造用パネル(OSB)の世界最大の生産者であるノーボード社は、常に全社が同じレベルで工場の操業に意識を置きつつも、他のグローバルメーカも同様に抱える以下の様な課題に直面し続けてきました。 

  • 断片的な製造データと手動のデータ処理により、そのデータの本来の価値を創出できずにいる。
  • 現場のアプリケーションが独自に開発されかつ「繋がっていない」。
  • 現場のメンテナンスも硬直化して場当たり的である。

ノーボード社はデジタル化を推進しつつ、製造データを利用することで生産性の向上やコストの削減、ひいては工場全体のワークフローを可視化できるようなソリューションを模索しています。 

ノーボード社は、過去のプロセスの制限を超えて日常業務を自動化するためのより良い方法を構想しました。
デジタルトランスフォーメーションの道のりを簡素化

ノーボード社は、自身のビジネスの現実を直視し、より包括的な視点を得るべくロックウェル・オートメーションとパートナシップを組んでいます。その理由は、ロックウェル・オートメーションがモノづくりに対して深い専門知識と幅広い視野を持ち、実現可能と思われる可能性を具現化できるパートナであると考えるからです。

ノーボード社にとって、ロックウェル・オートメーションのサービスとソリューションの機能はデジタルトランスフォーメーションを進めるのに無くてはならない存在です。コンサルティングから分析の実装、インフラの事前評価から実際のサポートサービスまで、変革の各フェーズを通じたロックウェル・オートメーションの積極的なコラボレーションとサポートがデジタルトランスフォーメーションの実現には必要なのです。

また、その深い専門知識や最先端の技術力は、同社が持つパートナエコシステムとの協業により更にその価値を高めます。例えば、PTC社との協業で生み出されたFactoryTalk InnovationSuite™や、ITとOTの統合を加速するさまざまなイノベーションがその実例です。

プロセスはパイロットから始まります

ノーボード社のデジタルトランスフォーメーションは、設備効率(OEE)の大幅な改善と品質関連の問題の低減、および個々の製品のコストとレシピ構造の詳細なイメージ化を目標としたパイロットから始まりました。

ノーボード社の制御自動化およびテクノロジ担当ディレクタであるテジャ・シューベルト氏は、次のように述べています。「工場の実際の運用方法について、理解を深め、洞察を深め、より詳細なデータを取得する必要がありました。そして、この情報をより速く、できればリアルタイムで処理し、あるシステムから別のシステムにデータを転送したり、データを処理したりするなど、工場の作業員が行なっている作業を多く取り除く必要がありました。」

チームはロックウェル・オートメーションと提携してデジタルソリューションを構築し、作業員からの意見を収集して、そのデジタルソリューションが価値を提供し、人々がより良い洞察をより早く得るのに役立つ物であるとの理解を浸透させることに注力しました。サイロ化されたデータをオペレーション全体の分析に活用し、投資および分析機能を最大限に活用するために必要なものを示すライフサイクルサービスの実現を目指したのです。

パイロット工場では、以下のような取り組みを通じて、デジタルトランスフォーメーションがイノベーションを加速し、従業員の生産性を最大化し、運用を最適化し価値を生み出すことに成功しました。

  • 製造実行システム(MES): エラー防止とデータ整合性に重点を置いた統合生産の実現を目指す。
  • OEEの可視化: ダウンタイムに焦点を当てた、高度な機械学習の根本原因分析(RCA)をOEE向上に活用
  • モデル予測制御(MPC)の導入: スピードと変化に焦点を合わせ、スループットの向上と乾燥プロセスでの水分制御最適化を目指す。
  • 統一されたデータダッシュボード: 複数のシステムからの複数のデータを組み合わせてわかりやすく見やすく表示

パイロットが成功すれば、テジャ・シューベルト氏と彼のチームは自信を持ってデジタルトランスフォーメーションを同社の他のOSB工場に拡大することができます。

「このデジタルトランスフォーメーションは、人に焦点を当てた取り組みの偉大な一例です。従業員のニーズを満たし、弾力性と適応性を構築し、成長の機会を創出してくれました」と、テジャ・シューベルト氏は語っています。

デジタルトランスフォーメーションは真に旅であり、単一の個別の瞬間ではありません。そのため、組織は今行動し、デジタルデバイドが拡大する前にその旅を開始する必要があります。
複数拠点での複数階層への展開

ノーボード社がパイロット工場で展開した最も初期のデジタルソリューションの中には、FactoryTalk Analytics for Devicesというものがありました。デバイスの稼動情報を取り込み、特定のイベントについて検証し、その結果をユーザグループに警告として発するものです。

このソリューションにより、人間では気付かない可能性があるデバイスの稼動状態の微妙な変化を検出することが可能で、その検出により、ときとして大きなトラブルの未然防止が可能になります。これにより、工場は事後対応型からより予兆保全型/コンディションベースのメンテナンスにシフトすることができます。実際、このソリューションは工場の稼動システム全体に統合され、各デバイスの稼動情報を関連するプロセスの稼動情報と結び付け、状況を通知し、ひいては作業指示の自動化へと繋がっていきました。

テジャ・シューベルト氏は次のように述べています。「いくつもの制御画面を見て警告灯が消えるのを待つのではなく、(このようなソリューションを導入することで)プロセス全体での微妙な変化を自動的に検知することが出来るのです。そして、システムは誰にどの情報を伝えるべきかを知っていて、それをモバイルデバイス経由で適切に伝達します。」

こうしてパイロットでは、機器監視を簡素化しより適切なデータを使用してよりスマートな意思決定を行なうことで効率と生産性を向上させていきましたが、一方で、複数拠点での実装を実現するには、インフラ、分析システム、ソフトウェア、およびリモート操作性などをアップグレードさせる必要がありました。

シューベルト氏は次のように述べています。「大量のデータ生成と収集は当然必要でしたが、サポートが困難で何よりそうしたデータの処理についていけない旧式のシステムが数多くありました。私たちは(旧式のシステムの)効率化で対処しようとしましたが、工場すべてを含めた会社全体のプロセスを見直す必要があることに気づきました。」

作業者中心のアプローチ

パイロットでは、関連するすべての作業工程で大幅な改善を示しました。具体的には、OEEの改善とダウンタイムの低減、品質関連の事象の減少、製品のコストと製造工程の改善などなどです。

デジタルトランスフォーメーションでは、作業員が新しくて馴染みのないテクノロジに適応する必要があり、そこが正にロックウェル・オートメーションがサポートしている部分です。

テジャ・シューベルト氏は次のように述べています。「ロックウェル・オートメーションとそのパートナの、革新的で献身的なチームのサポートをいただきつつ、作業者目線でのデータ、制御、レポーティングを実現できるより良いソリューションとテクノロジを常に探しています。ロックウェル・オートメーションには、作業者を念頭に置いたダッシュボード設計に豊富な経験をもつチームが存在し、我々と共に、オペレータと工場管理者の両方が使いこなしデータの信頼性と関連性を高めることが出来るようなソリューションを模索しています。その模索の中で、彼らが常に弊社の従業員のニーズを優先してきてくれたことが有難かったです。」

単一の開発環境で動作するFactoryTalk InnovationSuiteは、OEE、MES、MPC、およびRCAからのデータをすべて繋ぎ、オペレータと工場管理者が使えるような形に纏め上げてくれます。

私たちは、ロックウェル・オートメーションとそのパートナの、革新的で献身的なチームのサポートをいただきつつ、作業者目線でのデータ、制御、レポーティングを実現できるより良いソリューションとテクノロジを常に探しています。
テジャ・シューベルト氏
ノーボード社の制御自動化およびテクノロジ担当ディレクタ
製造指示管理

実装における1つのカギは、FactoryTalk® ProductionCentre MESでした。これは、製造プロセスの管理を司り、製造指示を現場まで共有します。また、エネルギーや原材料などのコスト入力を記録し、プロセスがどの程度効率的に実行されているか、また見込み通りのマージンを達成しているかをより詳細に表示します。

プロセス全体のパートナ

「この道のりを案内してくれるパートナが必要でした」と、テジャ・シューベルト氏は言いました。「ロックウェル・オートメーションが、我々が必要だと気付く前から、必要なもののすべてのコンポーネントを含むスイート全体を提供してくれたことに感謝しています。すべてが1つの傘の下にあります。インフラ、ソフトウェア、ハードウェア、サービスを緊密に統合しているため、この道のりのあらゆる段階で必要なサポートを受けることが可能なのです。」

本ケースに紹介されたソリューションの詳細は以下のページをご覧ください。

購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

お客様へのご提案